保育・子育て・育児のニュースサイト『@hoiku News Plus』ご利用案内プラン紹介サービス紹介会社案内

2011年05月のリリース

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
保育士 保育所経営 保育園 幼児教室 保育士 資格 保育士

« 総合人材サービス事業「ヒューマンリソシア」 子育てしながら働きたい女性を支援 | メイン | 少子高齢化社会に対応した新たなビジネスモデルを展開。~ 子育て支援「キッズカフェ」と介護「デイサービス」併設施設で、世代間交流の実現へ ~ »

ベビー総合専門店「ベビーザらス」が上信越・北陸エリアに初登場!

日本トイザらス株式会社
日本トイザらス株式会社[本社:神奈川県川崎市、代表取締役会長 兼 社長 兼 最高経営責任者(CEO):小寺 圭]は、玩具・子供用品の総合専門店『トイザらス 新潟店』(新潟県新潟市)を、ベビー総合専門店「ベビーザらス」と併設する店舗『サイド バイ サイド ストア』(併設型店舗)へリニューアルし、新たに『トイザらス ベビーザらス 新潟店』として、2007年11月9日(金)にオープンいたします。『トイザらス ベビーザらス 新潟店』は、「ベビーザらス」としては上信越・北陸エリア初、『サイド バイ サイド ストア』としては東日本初の登場となります。

『サイド バイ サイド ストア』(併設型店舗)とは、独立した「トイザらス」と「ベビーザらス」が併設する店舗形態です。対象年齢の異なる「トイザらス」と「ベビーザらス」の併設により、ご家族の年齢構成に応じて両店舗を同時にご利用いただくことや、お子様の成長にあわせて「ベビーザらス」から「トイザらス」へスムーズに利用店舗を移行していただくことができ、お客様にとってもさらに便利にご利用いただけます。「トイザらス」「ベビーザらス」ともに、お客様のニーズに合わせて厳選した商品を取り揃え、また、各店舗で独自にご提供していたサービスの相互利用を可能とすることより、お客様にはこれまで以上に充実したサービスをご提供します。

『サイド バイ サイド ストア』にすることにより、「ベビーザらス」単独店舗の出店条件には満たない中小規模商圏への「ベビーザらス」の出店が可能となるため、「ベビーザらス」のさらなる店舗網の拡大が可能となります。また「ベビーザらス」併設による効果として、既存の「トイザらス」単独店舗を活性化することができるほか、既存「トイザらス」の商圏よりも広域から集客することができるため、「トイザらス」の新規顧客獲得にもつなげられます。さらに、サービスカウンターや倉庫などを「トイザらス」「ベビーザらス」の両店舗で共通利用するため、効率的な店舗運営が可能となります。

今年 4 月 27 日に『サイド バイ サイド ストア』国内第 1 号店としてオープンし『トイザらス ベビーザらス 岡崎店』の昨年同月比での売上は、2007 年 5 月は 125%、6 月は 140%、 7 月は 130%、8 月は125%、9 月は 135%と、オープンから現在まで順調な売上で推移しています。また、国内第 2 号店となる『トイザらス ベビーザらス 新潟店』の商圏は、出店地の中央区、東区、西区、港南区、南区を中心とする新潟市全域、および長岡市、三条市、新発田市、燕市などの周辺都市を含む約 59 万世帯の地域で、トイザらス単独店舗の約 20%の売上増加を見込んでいます。

日本トイザらス株式会社は、『サイド バイ サイド ストア』(併設型店舗)を「トイザらス」「ベビーザらス」「トイザらス セレクト」に次ぐ、新たな店舗形態として展開し、お客様の利便性の向上を図ってまいります。今後の計画といたしましては、今年度は4月にオープンした岡崎店と11月にオープンする新潟店ほか2店舗の合計4店舗、来年度以降は年間10店舗ペースでのオープンを予定しており、引き続き『サイド バイ サイド ストア』の展開を積極的に進めてまいります。

<報道関係者のお問い合わせ先>
日本トイザらス株式会社 広報担当
【T E L】 044-549-9072
【M A I L】 pr@ fun.toysrus.co.jp